御挨拶

ご あ い さ つ
  
 東京都立青峰学園の学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 令和2年4月1日に着任いたしました、山本和彦と申します。初代校長の馬籠裕二校長と平成19年より2年間、本校の開設準備を担当し、平成21年開校後は、初代就業技術科副校長として2年間勤務いたしました。本校は今年度12年目を迎えます。さらなる教育活動の充実に向けて学校経営に取り組む所存です。多くの皆様のこれまでのご支援に感謝申し上げますとともに、今後ともご指導いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 さて、青峰学園は、2つの教育部門を併置しています。

 青梅市、奥多摩町に在住する肢体不自由のある児童・生徒が在籍する肢体不自由教育部門では、地域とのつながりを大切にし、個別の指導目標に基づく授業はもちろん、学校生活全体を通して、「自立活動」の内容を扱い、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)等の外部専門家や、医療・介護の専門職との連携による個に応じたきめ細かい教育を実現しています。

 また、都内全域を通学区域とする知的障害部門高等部就業技術科では、企業の専門家を市民講師として招聘し、専門的な職業教育と産業現場での実習に取り組み、「生徒全員の企業就労」を目指して、日々学習に取り組み続けています。
 平成24年度には、全校の児童・生徒の実習の場となるカフェ(のんびりカフェ)が運営を開始し、現在では地域の皆様を始め、開店日には多くのお客様に御来店いただき、地域に溶け込んでいます。

 開校以来、進学・就職希望者は毎年ほぼ全員がそれぞれの希望をかなえ、進路先を決定しています。また、公開研究会を開催し、全国から参加者に御来校いただき、全国の学校の教育課程改善に寄与するなど、障害のある児童・生徒のキャリア教育の推進に大きな貢献を果たすことができました。こうした取組が認められ、平成27年度には、「キャリア教育優良教育委員会 学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」を受賞することができました。
 自分の夢の実現に向けて、日々「切磋琢磨」している児童・生徒の姿を多くの皆様にご理解いただき、今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。










 
令和2年4月1日
東京都立青峰学園校長 山本 和彦
〒198-0014 東京都青梅市大門三丁目12番地
電話 : 0428-32-3811 ファクシミリ : 0428-32-3841
E-mail : S8000541@section.metro.tokyo.jp
アクセス